BLOG

お餅って本当に太るの❓

みなさんこんにちは!

パーソナルジムQUALITASエステティシャン兼管理栄養士の野澤です😸

 

そろそろ今年もおわりますね。

年末年始は食べたり飲んだりする機会が増えて、気づくと体重が増えてる、、なんてこともありますよね。

そこで今回は、お正月によく食べられる「お餅」について書いていきます✍️

 

ぜひ最後までお読みください^^


【そもそもお餅は太るのか】

よくお餅を食べると太りやすいというのを耳にしますが、実はそうでもないんです。

切り餅2個分ですと、ご飯茶碗1杯分よりもカロリーは少ないです。

「お餅は太る」というのは、ついつい食べ過ぎてしまうことが原因でしょう…。

 

・切り餅2個(100g)あたり  約230kcal

・ご飯茶碗1杯(150g)あたり  約250kcal


【太りにくいお餅の食べ方】

お餅のカロリーはご飯茶碗1杯分よりも低いと書きましたが、血糖値の度合いを示すGI値というものが高いです。

GIというのは、食後血糖値の上昇を示す指標です。

そのため、お餅だけを食べると太りやすくなります。

なのでお餅を食べる時は、食物繊維の多い物や、酢の物・大豆製品・乳製品などと一緒に食べると

GI値の上昇を抑えられ、太りにくくなります。

ここからはおすすめの食べ方をご紹介していきます。


①磯部焼き
海苔は低カロリーでヘルシーなだけでなく

海苔に含まれる食物繊維は、糖質の吸収を緩やかにしてくれるため、お餅と一緒に食べると◎です。

 

②大根おろし餅
大根は優秀な食品で、食物繊維が豊富に含まれていて、GI値を下げる効果が期待できます。

また、大根は水分が多いため、便秘解消にもおすすめです!

 

③納豆餅
納豆はたんぱく質を豊富に含む低GI食品となっております。

さらに大根おろしやポン酢をかけて食べると効果的です。

 

⚠️注意ポイント⚠️

・お雑煮やおしるこなどのトロトロしているお餅はGI値が高くなるので注意が必要です。

・あんこもGI値が高く、太りやすくなってしまうのであんこ餅も気をつけましょう。

 


【おせち料理を食べる順番】

 

お正月によく食べられるおせち料理。

食べる順番を間違ってしまうと、血糖値が上昇し太りやすくなってしまいます。

おせち料理を食べる順番は以下になります。

野菜、酢の物(昆布巻き・酢れんこん・たたきごぼうなど)

タンパク質(エビ、タイ、かまぼこなど)

炭水化物や甘い料理(お餅・栗きんとん・黒豆・だてまきなど)


いかがでしたでしょうか?

本日はお正月に向けて、お餅の食べ方やおせち料理の食べ方をご紹介していきました!

ぜひ参考にして、太りやすいお正月を乗り切りましょう💡

最後までお読みいただきありがとうございます🙇🏼‍♂️

 


【南青山・外苑前・表参道】

ダイエット、ボディメイク、姿勢改善、体力向上、エステどんなお悩みもご相談ください。

スタッフ一同心よりお待ちしております^^

体験レッスンはこちらから

【店舗一覧】
神楽坂 パーソナルジム 南青山 パーソナルジム

神楽坂店     南青山店

お問い合わせはこちら

 


体験レッスンはこちらから

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

最新記事