BLOG

これで撃退!気になる二重顎

皆さんこんにちは!

パーソナルジムQUALITAS栄養士の野澤です🌼

皆さまはご自身のお顔にどんなお悩みをお持ちでしょうか?

QUALITASではフェイシャルエステも取り入れているため、お客様から様々なお悩みを相談されることが多いです。

 

たるみ、くすみ、しわ…お悩みは人によって様々ですが、今回着目するのが「二重顎」のお悩みについてです。

マスク生活でフェイスラインを見せることも少なくなりましたが、油断は大敵。今のうちに対処法を知ってスッキリとした、自信を持って見せら

れるお顔を手に入れましょう✨

 


○そもそもなぜ二重顎になるのか?

そこまで太ったわけではないのに、気づくと顎の下にお肉が溜まってしまっている方、多いと思います。

実はその二重顎は食べ過ぎなどによる脂肪だけが原因じゃないかもしれません。

 

二重顎を生み出す原因は複数あります。

まずひとつ目が、姿勢。

スマホを使うことの多い現代人はストレートネックと呼ばれる首(頚椎)のカーブが失われてしまう現象が起こります。

そうすると顔が前に出てしまい、頚椎と繋がっている顎下の筋肉が緩みます。

これがたるみとなり、二重顎になってしまうのです。

顔が前に出ているか判断するポイントは、自分の身体を横から見たときに首と肩のラインが真っ直ぐ繋がっているか。

肩よりも首が前に出ている人は危険信号です。

 

次にふたつ目がむくみ。

顎の周辺にはオトガイリンパ節や顎下リンパ節があり、老廃物がうまく排出されていないとむくみとなって現れます。

むくんだお肉は下に落ちやすいため、二重顎になってしまいます。

お酒を飲んだ次の日に顔がむくむのもリンパの流れが悪くなっているため。塩分が多い食事をとる方も注意が必要です。

 

三つ目が筋肉の衰え。

顔には多くの筋肉がありますが、二重顎と関係してくるのが舌の筋肉。意外に思われるかもしれませんが

舌根筋群と呼ばれる舌の筋肉は顎の下にあり、これが衰えてしまうと顎にたるみが生じます。

舌の筋肉が衰えているか、チェックしてほしいのが口を閉じたときの舌の位置。舌先が上顎に触れているのが正しい状態です。前歯や下顎に舌先

が触れている方は筋肉が衰えています。

そして四つ目がゆがみです。

三つ目で筋肉の衰えについてご紹介しましたが、反対に筋肉が働きすぎてしまっても二重顎に繋がります。

下顎の中央部分にある「オトガイ筋」という筋肉は非常に凝りやすい筋肉。

下顎に力を入れると梅干しのようなシワが寄ってしまう人はオトガイ筋に過度な負担がかかっている可能性が。

オトガイ筋は口を閉じる時に下顎を持ち上げる働きをするため噛み合わせが悪かったり

食いしばりや歯ぎしりのクセがある方は、オトガイ筋が疲れ気味に。

すると筋肉の働きが悪くなり顔の歪みに繋がってしまいます。

 


○トレーニング&エステで脱二重顎

二重顎になる背景には上記のような原因があげられます。

そのため、トレーニングやストレッチで姿勢を改善したり顔の筋肉を鍛えてあげることで

顔が引き締まりスッキリとした状態を作り上げられます。

またエステで、滞っているリンパを流してあげることでむくみを解消するケアも定期的にいれていくといいでしょう。

筋肉の凝りをマッサージでほぐしてあげることで、顔の歪みが取れトレーニングの効果も上がります!

舌回しや鎖骨のリンパ流しなど、セルフでできる簡単なものもあるので二重顎でお悩みの方は

サロンケアとお家でのケアをぜひ取り入れてみてください😊

 

 


【南青山・外苑前・表参道】

ダイエット、ボディメイク、姿勢改善、体力向上、エステどんなお悩みもご相談ください。

スタッフ一同心よりお待ちしております^^

体験レッスンはこちらから

【店舗一覧】
神楽坂 パーソナルジム 南青山 パーソナルジム

神楽坂店     南青山店

お問い合わせはこちら

 


体験レッスンはこちらから

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

最新記事