BLOG

第2の心臓!ふくらはぎに注目

皆さんこんにちは!

パーソナルジムQUALITASトレーナーの岡田です😊

冷えが気になる季節…❄️

夕方になるとふくらはぎが冷えて、パンパンになってしまう人も多いのではないのでしょうか?

今日は「第二の心臓」とも呼ばれるほど重要な部位であるふくらはぎについてご紹介していきます。

 


◇ふくらはぎをほぐした方が良いワケ

ふくらはぎは血流や、リンパの流れに大きく影響している部位です。

血液を全身に送り届けるのは皆さまご存知の通り心臓のポンプ機能ですが

その循環を下半身で支えているのがふくらはぎです。ふくらはぎの筋

肉がポンプの役割を担い、血液を心臓へと押し返しているのです。

ふくらはぎが「第2の心臓」と呼ばれるのはこのためですね。

下半身に集まっている血液は全身の70%にも及ぶといわれていますので、下半身の血流がいかに重要かが分かります。

 

また、リンパも血液と同様全身を巡っている流れですが、心臓のようなポンプ機能を使っているわけではないため

筋肉を動かしたりマッサージで流してあげないと流れが滞ってしまいます。

身体の末端に近いふくらはぎはリンパの流れにおいても重要な役割を担っており、また足首や膝裏にはリンパ節と呼ばれる老廃物の溜まり場が存

在します。このリンパ節がつまるとリンパの流れが悪くなってしまうため定期的にほぐしてあげる必要があります。

 


◇ふくらはぎの浮腫み・張りの原因

ふくらはぎがむくんでしまう原因はいくつかありますが、まず多いのが運動不足。

筋力が低下して体内の循環ができていない状態になってしまいます。

デスクワークで座りっぱなしになっている方も注意が必要です。

また水分をあまり摂らない方や、アルコールを摂取する機会が多く水分が不足しがちな方は、血液がドロドロになりやすいため血流が悪くなりふ

くらはぎのあたりが詰まりやすくなります。水分はなるべくたくさん摂るようにし、サラサラ血液をキープしましょう。

 

また、アイスや氷入りのドリンクなど冷たい食べ物にも注意が必要です🧊身体の冷えは全身の筋肉を硬くし代謝も低下させてしまうため

浮腫みやすい身体になってしまいます。

 


◇ふくらはぎマッサージで血行を促進しよう

ふくらはぎが血行やリンパの流れと密接関わっているのは上記でも説明した通りです。毎日の疲れですぐに浮腫み

張りが生じてしまうためこま

めにほぐしてあげるのがおすすめ。

自分で行う場合はお風呂の湯舟に使った後、身体が温まった状態で行うと特に効果的です。

 

グッズや両手を使って全体的に流してあげると良いでしょう。

日頃の疲れが溜まりすぎてセルフケアでは解消しきれない場合、サロンケアもおすすめです。

 

ふくらはぎには数多くのツボが存在し、それぞれが全身の臓器や器官と繋がっているためふくらはぎを刺激することで

様々な不調を解消できるでしょう。

ツボ=経穴(けいけつ)はライン上に繋がっており、それらを経絡(けいらく)といいます。

ふくらはぎは合計6本の経絡があり、押されて痛みを感じる場所により身体のどの部分に不調が生じているかが分かります。

 

これらの経絡に刺激を与えていくことで、身体がスッキリしてくるので、なんとなく体がだるい

調子が悪い時はふくらはぎをほぐしてみてください😊

 


【南青山・外苑前・表参道】

ダイエット、ボディメイク、姿勢改善、体力向上、エステどんなお悩みもご相談ください。

スタッフ一同心よりお待ちしております^^

体験レッスンはこちらから

【店舗一覧】
神楽坂 パーソナルジム 南青山 パーソナルジム

神楽坂店     南青山店

お問い合わせはこちら

 


体験レッスンはこちらから

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

最新記事