BLOG

腸内環境の改善方法

みなさんこんにちは!

南青山 表参道・外苑前エリアパーソナルエリア、 QUALITASの栄養士兼エステティシャンの野澤です!

最近は、寒暖差が激しいですね🥲

 

みなさん体調など崩していないでしょうか?

体温調整しやすい服装などをし風邪を引かないよう

一人一人予防を意識して下さい^^

 

さて、本日は【 腸内環境の改善方法 】についてお話しします◎

最近"消化不良や便秘などで悩んでいる"というかた必見です!

 


① 腸内環境が悪くなる原因

腸内環境が悪くなる原因として、腸内フローラのバランスが乱れる

というのが挙げられます!

 

【 腸内フローラの役割 】としては、

・消化できない食べ物を、身体に良い栄養物質へ作り変える

・腸内の免疫細胞を活性化し、病原菌などから体を守る

・腸内フローラのバランスを保ち、健康を維持する などとなります◎

 

この腸内フローラの正しいバランスは

【 善玉菌②悪玉菌①中間菌⑦ 】ですが

これが崩れてしまうと身体に悪影響が出てしまいます💦

 

逆に言うと、このバランスを整えさえすれば身体の不調は改善されます◎


② ビフィズス菌

そして、ずばり腸内フローラのバランスを整えてくれるものは

食物繊維や乳酸菌ではなく"ビフィズス菌"と呼ばれるものです!

 

ビフィズス菌は、

腸内にある糖を発酵し→乳酸と酢酸を作る→腸内のPHバランスが酸性に傾く

 

という働きを行います◎

腸内のPHバランスが酸性に傾くと悪玉菌の活性が弱まり

アルカリ性に傾くと悪玉菌が増えやすい環境になります!

 

また、ビフィズス菌には整腸作用以外にも

"抗ウイルス作用・抗炎症作用・大腸癌予防"などにも効果的です◎

 


③ ビフィズス菌の摂取

ビフィズス菌は、毎日体内から排出されてしまうため

継続して習慣的に摂取する必要があります◎

 

ヨーグルト・青汁・サプリメントを取り入れて

手軽に摂取できる環境を作ると習慣化できるはずです!

 

その他、注意点として"一度にタンパク質を摂り過ぎない"

というのが大切です!タンパク質は吸収できる量が

限られていますので吸収できず余ってしまったタンパク質は

悪玉菌のエサとなってしまいます💦

 

一色でたくさん摂るのではなく小分けにして摂取してみて下さい◎


まとめ

いかがでしたでしょうか^^

これを読んで、みんなで腸内環境を良くしましょう!

 


【南青山・外苑前・表参道】

ダイエット、ボディメイク、姿勢改善、体力向上、エステどんなお悩みもご相談ください。

スタッフ一同心よりお待ちしております^^

体験レッスンはこちらから

【店舗一覧】
神楽坂 パーソナルジム 南青山 パーソナルジム

神楽坂店     南青山店

お問い合わせはこちら

 


体験レッスンはこちらから

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

最新記事