BLOG

気になるほうれい線!

美肌の女性の写真

皆さんこんにちは!

外苑前・南青山パーソナルジムQUALITAエステテッィシャンの野澤です😄

ほうれい線は、できやすい人とそうでない人がいます。

美容に気をつかうだけでなく、食事や生活習慣なども関係があるようです🤔

今回は、ほうれい線ができやすい人の特徴を解説します。


【シャワー派の人ほど、ほうれい線ができやすい?】

自分はほうれい線ができやすいタイプなのかどうか、気になりますよね。

まずは、下記の項目で当てはまるものがないかチェックしてみましょう。

 

* 普段あまり運動をしない
* お風呂のときはシャワーだけで済ましてしまう
* 姿勢が猫背気味である
* インスタント食品が多く、肉や魚はあまり食べない
* 野菜や果物が好きではない

 

いかがでしょうか?
上記は、ほうれい線ができやすいタイプの人にありがちな傾向です。これらのどれかに当てはまった人は要注意。

では、なぜこれらの傾向がほうれい線をできやすくするのかを解説していきます。

 


【ほうれい線ができやすい習慣とその理由】

1.運動不足は血行不良を引き起こす

ほうれい線は頬がたるむことで、どんどん深くなっていきます😬

このたるみを引き起こす原因のひとつが、顔のむくみ。

首や肩の血行が滞ると、顔にも老廃物が溜まり、むくみができて、その重さで皮膚がたるんでしまうのです。

運動をする習慣があまりないと、全身の血行が滞りがちに…。

買い物に行くときはなるべく歩くなど、日常的に体を動かすことを意識しましょう。

体全体の血行を促すと効率よく首や肩の血行も改善できますよ☆

 

2.シャワーだけは老けのもと

毎日シャワーだけで済ましている人も、運動不足の人と同様に血行不良を起こしやすいです。

できれば毎日お風呂に浸かることをおすすめします。ゆっくりお湯に浸かって、全身の血行を促進させましょう。

 


3.猫背も血行を悪くする

長時間のデスクワークをしていると、つい前屈みになり、無意識のうちに姿勢を悪くする人も多いのではないでしょうか。

首の骨は本来、緩やかなカーブを描きますが、猫背の人はまっすぐな状態に。

そのため首周りの筋肉が固くなり、血行が悪くなります。

猫背の人は、全身の血行が滞り、運動不足の人やシャワーだけの人と同様にむくみができやすくなります。

日常的に運動を心がけたり、お風呂に浸かったりして、血行をスムーズにしましょう。

 


4.肉や魚を食べないと、たんぱく質不足に

ほうれい線を深くするたるみは、食生活にも関係しています。

肌のハリや弾力は、たんぱく質である『コラーゲン』『エラスチン』が支えています。

これらが不足すると、皮膚が緩んで、たるみが生まれるのです。

たるませないためにも、たんぱく質を多く含む肉や魚をしっかり食べましょう。

 


5.野菜や果物のビタミンが肌のハリを守る

ほうれい線予防では、野菜や果物もバランスよく摂ることもポイントです。

抗酸化作用のあるビタミンA、C、Eが含まれた野菜や果物はオススメ。

皮脂によって活性酸素が生まれると、肌を傷つけて『コラーゲン』や『エラスチン』の働きを阻害します。

この活性酸素を撃退するために、抗酸化作用のあるビタミンを摂るといいのです。

おすすめの野菜や果物は、こちらです。

ほうれい線予防にはビタミンA・C・Eが効果的

【ビタミンA・C・Eを豊富に含む野菜や果物】
ビタミンA:にんじん、ほうれんそう
ビタミンC:緑黄色野菜や果物全般
ビタミンE:ナッツ類、かぼちゃ

仕事に家事や育児で、自分のことは後回しになってしまいがちですよね。

でも、これまでの習慣が、無意識のうちにほうれい線を濃くしているかもしれません。

ほんの少し生活を改善するだけで、いつまでも年齢を感じさせない素敵な笑顔でいられるでしょう。

ぜひ素敵な笑顔でいられるように、食事や生活習慣を変えてみてください😊✨


【南青山・外苑前・表参道】

ダイエット、ボディメイク、姿勢改善、体力向上、エステどんなお悩みもご相談ください。

スタッフ一同心よりお待ちしております^^

体験レッスンはこちらから

【店舗一覧】
神楽坂 パーソナルジム 南青山 パーソナルジム

神楽坂店     南青山店

お問い合わせはこちら

 


体験レッスンはこちらから

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

関連記事はありません。

最新記事