BLOG

前ももの張りに要注意!

マッサージしてる女性

みなさんこんにちは!

南青山エリア、表参道、外苑前のパーソナルジムQUALITASの野澤です🌼

QUALITASのエステでは毎回施術箇所をお客様ご自身でお選びいただいております。

施術する部位は凝りが気になる部位や、部分痩せを狙いたい部位などお悩みを聞きながら決めていきますが

最近は特に前ももの張りを気にされている方が多いです。

特に女性の方が多い印象ですね。

前ももが張っていると脚のラインが綺麗に見えなかったり、なんとなく足全体の疲れが取れづらく感じますよね😢

なぜ、前ももが張ってしまうのでしょうか?本日はその原因と対策についてご紹介していきます。

 

image


○前ももが張ってしまう原因

まず、前ももが張ってしまう大きな原因は普段の姿勢にあります。

お腹やお尻の筋肉を使わない、楽な姿勢をとってしまいがちな方、いわゆる「反り腰」の方は注意が必要です。

反り腰の方は、背中のS字カーブがきつくなってしまっているような状態で、骨盤が前傾してしまっています。骨盤が前に倒れていると重心が前に傾き、胸を張ることでバランスをとろうとするために腰を反らせてしまうことで反り腰の姿勢となります。
反り腰の方は前ももで身体を支えようとするため、足の裏側、ハムストリングスの筋肉が弱りお尻が垂れ下がってしまいます。前ももが張ってしまうような筋肉の使い方が癖づいてしまうわけです。

反り腰と前ももの張りは相関関係にあり、前ももの張りから反り腰になってしまう場合もあります。

前ももの筋肉は主に大腿四頭筋と呼ばれる4つの筋肉で構成されていますが

その中心である大腿直筋という筋肉は骨盤の前側と繋がっています。

そのためこの大腿直筋が緊張し、縮まってしまうと骨盤を前に引っ張り、結果骨盤を前傾させてしまいます。

 


○前ももの張りの解消法

前ももの張りを解消させるため、前述の大腿直筋をはじめとする大腿四頭筋の緊張を緩める必要があります。

ストレッチやヨガといったセルフケアをこまめに行うほか、張りがひどい場合はエステや整体でのサロンケアをオススメします。

QUALITASのエステではハイパーナイフとハンドマッサージの合わせ技で施術していくので

血行やリンパの流れを良くしむくみの解消も叶えられます。

 

ただ、前ももの張りを一時的にとっても反り腰のような姿勢を続けているとすぐに戻ってしまいます。

日頃から正しい姿勢を心がけ、トレーニングで裏ももやお腹の筋肉を鍛えてしっかり使える状態にしましょう✨

立つ時や歩く時も骨盤が前傾しないように気をつけ、重心をいつもより少し後ろに移動させるよう意識してみてくださいね😊

 


【南青山・外苑前・表参道】

ダイエット、ボディメイク、姿勢改善、体力向上、エステどんなお悩みもご相談ください。

スタッフ一同心よりお待ちしております^^

体験レッスンはこちらから

【店舗一覧】
神楽坂 パーソナルジム 南青山 パーソナルジム

神楽坂店     南青山店

お問い合わせはこちら

 


体験レッスンはこちらから

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

最新記事