BLOG

1番いいのは何米?

お米

みなさん、こんにちは!

パーソナルジムQUALITASトレーナーの門井です😊

最近、コンビニやファミレスなどでよく見かける玄米や雑穀米。

なんとなく白米よりも健康にはいいような気がしますよね。

では、どのようにいいのか!

本日はお米の種類や特徴について書いていきます🌾

ぜひ最後までお読みください✔︎

 


今回は【白米、胚芽米、玄米、発芽玄米、雑穀米、麦ごはん】をピックアップさせていただきました!

それぞれのお米の特徴や栄養の違いについて紹介していきます。

【白米】
白米は稲の実からもみ殼・米ぬか・胚芽を取り除き、胚乳部分のみを残したものです。

糖質のほか、タンパク質・カルシウム・鉄分・ビタミン・食物繊維なども含まれています。

 

【胚芽米】
白米に加え、胚芽の部分を8割以上残したものを胚芽米、または胚芽精米と言います。

胚芽とは芽を出す部分のことで

タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラル

などの栄養素がギュッと凝縮されていて、玄米よりも食べやすい食感が魅力です。

 

【玄米】
玄米は稲の実からもみ殻だけを外したもので、米ぬかや胚芽はそのまま残っています。

そのため白米よりも栄養分は多く含まれ

食物繊維やカルシウム・マグネシウムなどのミネラル分はもちろん、

タンパク質やビタミン類も白米よりも多いのが特徴です。

 

【発芽玄米】
玄米を育てて発芽したものが発芽玄米で、玄米よりも食べやすくなっているのが特徴です。

栄養的にも玄米よりさらに多く、抗ストレス作用に注目される

「GABA」や、や、食物繊維・カリウム・カルシウムなどが豊富に含まれています。

 

【雑穀米】
雑穀米は、白米に加えて玄米・アワ・キビ・もち麦・キヌア・アマランサスなどを混ぜ込んだものです。

食物繊維・ミネラル・ビタミン類などの栄養素をプラスできます。

メーカーによって混ざっている雑穀が違いますのでご自身の好みや栄養素で選ぶのがおすすめです!

 

【麦ごはん】
麦ごはんは白米に大麦を混ぜて炊いたものです。

そのため大麦に含まれるタンパク質・ミネラル・ビタミン類・食物繊維などをプラスできます。

また、大麦の中でも「もち麦」は、食物繊維が豊富に含まれていますので、非常に注目されています!

image

結局どのお米を選ぶのがいいのでしょうか。


【栄養面だけ見ると玄米や雑穀米が◎】
玄米や雑穀米はミネラル・ビタミン類・抗酸化成分が多く、栄養的には素晴らしいお米です。

しかし、消化しにくいという問題が挙げられるため、食べ方や取り入れ方を工夫しなければなりません。

いきなり全て玄米食や雑穀米にしてしまうと上手く消化・吸収されない可能性があります。

体質によって不向きな方もいて、特に胃の弱い方は注意が必要です。

また、食感や味が苦手な方もいると思いますので無理に食べる必要はありません!

 

【食物繊維を取りたいなら麦ごはん】
麦ごはんは白米100gと比べて19倍もの食物繊維が取れますので、たくさん摂りたい方におすすめです。

腸内環境を整えたり、血糖値の急上昇を抑えてくれる働きがあります。

便秘がちな人などは一度試してみてください!

 


いかがでしたでしょうか?

お米の種類はたくさんあります。
その中でも自分に合ったもの、必要な栄養素に合わせて摂取しましょう!

最後までお読みいただきありがとうございます🌾

 

 

 

 

 

 


【南青山・外苑前・表参道】

ダイエット、ボディメイク、姿勢改善、体力向上、エステどんなお悩みもご相談ください。

スタッフ一同心よりお待ちしております^^

体験レッスンはこちらから

【店舗一覧】
神楽坂 パーソナルジム 南青山 パーソナルジム

神楽坂店     南青山店

お問い合わせはこちら

 


体験レッスンはこちらから

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

最新記事