BLOG

蕎麦の驚くべき栄養@外苑前

お蕎麦の写真

皆さんこんにちは!

外苑前・南青山パーソナルジムQUALITASの門井です😁

皆さんは筋トレをしていると、どんな食事を食べたらいいか悩みませんか?

せっかくハードにトレーニングをしたのに、たんぱく質をどの食材から摂取すればいいか。

やっぱりお肉か。

とはいっても鳥の胸肉や牛肉も飽きたし、パサパサで食べにくい。

そんなときにこそ、蕎麦は最高の食事なのです。

今回はそんな筋トレに蕎麦が最適な理由と、栄養バランスについて解説致します。

筋トレに蕎麦は最適!知っておきたい栄養素バランスとは


【なぜ筋トレに蕎麦は最適なのか】

蕎麦が最適な理由として大きく3つあります。

①高たんぱく質、低脂質

②低GI値であり血糖値の上昇がゆるやか

③アミノ酸スコアが高い

一つ一つ詳しく解説していきます。

①高たんぱく質、低脂質

蕎麦は何と言っても「高たんぱく質」「低脂質」な食品です。

1食分(100gあたり)で、なんと12gものたんぱく質が摂取できます。

これは白米(100gあたり)の約1.4倍もの数値です。

ちなみに脂質は1gであり、低脂質です。

脂肪をできる限り付けずに筋肉を付けるバルクアップの為には高たんぱく質、低脂質な食事が重要です。

なので、蕎麦が筋トレに最適な理由として需要なのが、この「高たんぱく質」「低脂質」の栄養です。

②低GI値であり血糖値の上昇がゆるやか

蕎麦は血糖値の上昇(糖質の吸収スピード)が緩やかなのです。

GI値とは、食後血糖値の上昇を示す指標、グライセミック・インデックス(Glycemic Index)の略。

GIは、食品に含まれる糖質の吸収度合いを示し、摂取2時間までの血液中の糖濃度を計ったものです。

オーストラリアのシドニー大学ではグルコースを基準とした場合

GIが70以上の食品を高GI食品 56~69の間の食品を中GI食品 55以下の食品を低GI食品と定義しています。

食後の血糖値の濃度を測るのに使用される「GI(Glycemic Index)」ですが

このGi値が高いほど糖分を吸収しやすく太りやすいと言われています。

蕎麦はこのGI値が他の食品に比べて非常に低いのです。

食品名 GI値
蕎麦 54
米 88
パン 95
うどん 85

他の食品に比べて非常に低いことが分かります

なので、蕎麦は他の食品に比べて筋トレに最適なのです。

医師と大学の共同研究で開発された低GI食品「からだにやさしいお砂糖」を9月13日(月)に販売開始|大東製糖株式会社のプレスリリース

③アミノ酸スコアが高い

アミノ酸スコアとはたんぱく質の含有量と必須アミノ酸のバランスの良さの数値ですがこの数値が高いほど筋トレに最適と言えます。

必須アミノ酸は筋肉を構成するために必要な物質であり、牛肉や魚などのアミノ酸スコアは100です。

白米⇒65点
パン⇒44点
うどん⇒41点
そんな中、蕎麦はなんと「92点」です。

蕎麦はアミノ酸スコアも高い食品であり、筋トレに最適なのです。

 


【蕎麦の栄養成分】

改めて蕎麦の栄養成分について簡単にまとめてあります。

・食物繊維:コレステロールの減少

・リジン:必須アミノ酸で脂肪のエネルギーを変換する役割を持つ

・ロイシン:必須アミノ酸で筋肉や身体の回復時に必要とされる

・ビタミンB1:糖質の分解作用

・ビタミンB2:新陳代謝の促進

蕎麦は筋肉に良い成分ばかり含まれているにもかかわらず、鶏肉とは異なり非常に食べやすいのです。

減量とは言え、鶏肉を食べるのがキツイという方には是非お勧めです。

 

•注意点

注意するところは当たり前なんですが、蕎麦によく合う天ぷらなどを取らないことです。
天ぷらなどをとってしまうと資質を多くとるためカロリーがかなり上がってしまいます。

 


•まとめ

いかがだったでしょうか。
今回は、筋トレに蕎麦が最適な理由や蕎麦の栄養バランスなどについて解説致しました。
まとめると、最適な理由として大きく3つあります。
①高たんぱく質、低脂質
②低GI値のため急な血糖値の上昇がゆるやか
③アミノ酸スコアが高い
筋肉において非常に重要な栄養素ばかりですので、鶏肉ばかり食べるのがキツイという方は是非お勧めです。

 


【南青山・外苑前・表参道】

ダイエット、ボディメイク、姿勢改善、体力向上、エステどんなお悩みもご相談ください。

スタッフ一同心よりお待ちしております^^

体験レッスンはこちらから

【店舗一覧】
神楽坂 パーソナルジム 南青山 パーソナルジム

神楽坂店     南青山店

お問い合わせはこちら

 


体験レッスンはこちらから

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

最新記事