BLOG

fastingの注意点

お皿の写真

みなさん、こんにちは!

パーソナルジムQUALITAS エステティシャンの野澤です😺

最近、時短営業も解除され外食の回数も増えてきたのではないでしょうか。

外食により体重が増えてしまい、ダイエットとして断食をされる方も出てくると思います。

なので本日は、断食のメリットや注意点を書いていきます!

 


最近、ダイエットとして断食をされる方が増えてきています。

食べ過ぎてしまった方や普段運動をする時間が取れない方には便利なファスティング。

まずは、メリットをご紹介していきます。

 


【ファスティングメリット】

ファスティングは一定の時間体内に食べ物が入ってこなくなるので消化器官を休めることができます。

デトックスによる代謝力アップや、腸内環境の改善による免疫力アップ、美肌効果が期待できます🔥

その過程で脂肪燃焼が起こり、体重減少によるダイエット効果もあります❗️

空腹の時間が長ければ長いほど、体についた脂肪が分解されエネルギーとして使われるので、内臓脂肪の減少にも◎です。

このようなたくさんのメリットがあり、ファスティングダイエットが人気になってきています。

 


【ファスティング種類】

ここからは人気になっているファスティングを2つほどご紹介していきます。

・16時間断食
16時間断食は、8時間で3食を済ませて16時間は何も食べないというものです。

例えば、1食目を朝8時に食べたら16時までは基本的には何を食べてもオッケーですが

16時以降は食べないようにするというファスティングです。

食べる時間帯を昼間中心にすれば、消化が不得意な深夜の時間帯に食べ物が入ってこないので

体への負担が少なくなりダイエットにつながります。

16時間ファスティングとは、簡単に言うと、どういうこと? | 人生が好転するファスティング 専門家からのメッセージ

 

・数日間の断食
数日間何も食べないというわけではなく、酵素入りのドリンクを用いるなど

一定の栄養価を飲み物からとりながら体内をデトックスするファスティングです。

ダイエットというよりはデトックスが目的になってきます。

数日間内臓を休めることで疲れがとれ、しっかり働いてくれるようになると代謝が良くなり

便秘やアレルギー、体調不良、肌荒れなどの改善も期待できます。

1日目~9日目」のイラスト文字 | かわいいフリー素材集 いらすとや

【ファスティング注意点】

ファスティングでの注意点は、ファスティング明けの食事になります。

ファスティングが終わったからといって好きなものを食べてしまうと

リバウンドしてしまい元の体重よりも太ってしまうこともあります。

数日間食事をしていないと体は軽い飢餓状態になっていますので血糖値が上がりやすくなっています。

そのため、すぐにいつもの食事を摂ってしまうと体に脂肪がつきやすくなりリバウンドしたり

内臓に過度な負担がかかってしまうため、注意しましょう。

ダイエット未経験の私が、ファスティングの空腹感に勝った方法 - 【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピ[1/7ページ]

 


いかがでしたでしょうか。
今回は最近流行りのファスティングについて書きました。
ファスティングをする際はその後の食事には十分に注意しましょう!

最後までお読みいただきありがとうございます(^o^)/

 


【南青山・外苑前・表参道】

ダイエット、ボディメイク、姿勢改善、体力向上、エステどんなお悩みもご相談ください。

スタッフ一同心よりお待ちしております^^

体験レッスンはこちらから

【店舗一覧】
神楽坂 パーソナルジム 南青山 パーソナルジム

神楽坂店     南青山店

お問い合わせはこちら

 


体験レッスンはこちらから

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

最新記事