BLOG

誰でも小顔に!?

美肌の女性の写真

みなさんこんにちは😊

南青山・外苑前・表参道エリア、パーソナルジムQUALITASの野澤です^ – ^

長く続くマスク生活…

ふとした瞬間に鏡で自分の顔を改めてみると以前より大きさが気になったり

フェイスラインのたるみが気になったりすることありませんか?

全身の中でも見た目の印象を大きく左右する顔ですから脱マスク生活になる前に、しっかりとケアを行なっていきたいですよね。

本日は顔を引き締めるために抑えるべきいくつかのポイントをご紹介致します。

 


【はじめに】そもそもなんで顔が大きくなってしまうの?

顔の大きさに悩む方の中には、生まれつきだからしょうがないと諦めてしまう方も多いかと思います。

もちろん生まれつきの骨格は個人差がありますが、顔の大きさは後天的な理由が左右する部分もかなり多くあります。

例えば、日常生活の姿勢。猫背の方は頭が前に出て

あごや首周りがつまります。そこからリンパがつまり

むくみや代謝が悪くなる原因になります。

デスクワークの方などは、肩が内側に入り、頭が前に出ていることが多いと思います。

そのような姿勢を取り続けるとあっという間に顔の脂肪がつきやすくなってしまいます…怖いですね💦

また、顔には非常に多くの筋肉が張り巡らされています。

総合して表情筋と呼ばれるそれらを普段動かさないと筋肉が衰え、たるむだけではなく肌の新陳代謝が滞りハリまで失われてしまいます。

普段人と顔を合わせる機会が少ない方や、目の前のことに集中して表情の変化が乏しくなってしまう方は特に注意が必要ですね。

表情筋に関しては、動かさないだけではなく力が入りすぎても顔が大きくなる原因になります。

ストレスで食いしばりのクセがある方や寝ている間に歯ぎしりをしてしまっている方は

筋肉に力が入りすぎて肥大化し顔を大きく見せてしまいます。

これらの習慣はすぐに直せるものでもないので、日常的にケアしてあげることが大切です。

 

 


【顔を引き締めるポイント①】表情筋をほぐそう

表情筋は顔全体に張り巡らされていますが、闇雲に指圧してしまっては摩擦が生じ肌にダメージを与えてしまいます。

いくつかの筋肉に着目し、ピンポイントで指圧していくことが重要です。

まず代表的なのが「咬筋(こうきん)」。

その名の通り「咬む(かむ)」ことに使われる筋肉で、奥歯をグッと噛み締めた時に盛り上がる、耳の下あたりにある筋肉です。

ここが凝り固まっている方は非常に多く、エラが張る原因になります。

咬筋が必要以上に働いてしまうと他の筋肉が衰え、シワやたるみの原因になることも…。

また、こめかみあたりにある側頭筋や頬骨の近くにある大頬骨筋、小頬骨筋も凝り固まりやすい筋肉です。

こういった箇所をほぐすことで顔の強張りがとれ、表情も使いやすくなります。

 

 


【顔を引き締めるポイント②】リンパをしっかり流す

前述の通り姿勢が悪くなっている方はリンパの流れが非常に悪くなります。

そのためマッサージによる刺激で溜まっている老廃物を流しやすくする必要があります。

リンパは全身を巡っているため顔と一緒に首〜鎖骨なども流す必要があります。

 

表参道、南青山、外苑前エリアQUALITASのエステで顔の施術を受ける方には必ずといっていいほど

デコルテや首周りの施術もお勧めしています。

不思議とデコルテ周りをほぐすだけでも顔がスッキリされる方が多いです。

顔を引き締めたいからといって、顔だけをマッサージすれば言い訳ではないのですね。

 

 


【最後に】
長くマスク生活が続いていますが、少しずつマスクを外す場面も増えてきましたね。

今回ご紹介したように、アプローチ次第で小顔は叶えられますのでぜひお身体のケアと合わせてお顔のケアも取り入れてみてください!

QUALITASのエステでハイパーナイフをお顔に当ててから

オイルマッサージを施すことでより高い効果を実現しています。

フェイスラインやお肌にお悩みのある方はお気軽にご相談ください!😊

 


【南青山・外苑前・表参道】

ダイエット、ボディメイク、姿勢改善、体力向上、エステどんなお悩みもご相談ください。

スタッフ一同心よりお待ちしております^^

体験レッスンはこちらから

【店舗一覧】
神楽坂 パーソナルジム 南青山 パーソナルジム

神楽坂店     南青山店

お問い合わせはこちら

 


体験レッスンはこちらから

 

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

最新記事