BLOG

リブフレア改善法

男性の骨格変化 ビフォーアフター

 

みなさんこんにちは!

パーソナルジムQUALITASエステティシャンの仁木です😊

みなさんは【リブフレア】というものを聞いたことありますか?

実は、ほとんどの方がリブフレアなんです。

リブフレアのデメリットとして、ウエストが太く見えてしまったり、肩こりや腰痛、体の疲れが取れにくいなどとたくさんあります。

なので、本日はリブフレアの説明やその改善方法について書いていきます!

 

 


【リブフレアとは??】

リブフレア 呼吸 の質を高めて引き締める - 姿勢・動作改善 カイラックス

まずリブフレアというのは、肋骨(リブ)が広がっている(フレア)状態のことです。

現代人のほとんどの方がこのリブフレアの状態にあると言われています。

リブフレアになってしまう原因としては、精神的なストレスや感覚統合不全によるものです。

多くは体の位置感覚のずれや、身体と外界との線引きが上手く適応させられていなかったりすることで生じます。

人は少しでも緊張したり嫌なことがあると、正しい呼吸が無意識に出来なくなってリブフレアに近づいていきます。

横隔膜がちゃんと呼吸出来ていない→横隔膜が上昇→肋骨の外旋という風になります。

 

 


【リブフレアのデメリット】

始めにお伝えしたようにデメリットがたくさんあります。

・体幹が機能しない
・横隔膜が使えない
・自律神経の問題
・胸式呼吸優位になる
・腹式呼吸が出来ない
・腹圧(IAP)が入らない
・腹斜筋が機能しない
・インナーユニットが使えない
・姿勢不良(反り腰、猫背、スウェイバック姿勢)
・腰痛
・肩関節障害
・ウエストが太くなる

などと、体への影響がかなり大きいです。

 

 


【リブフレア改善法】

リブフレアの改善方法として直接肋骨を押したり、腹斜筋を鍛えたりなどはあまりおすすめ出来ません。

本日は「ベリーリフト」という種目をご紹介させていただきます。

 

・まずは肩の下に手、股関節の下に膝を置きます。これが基本の姿勢です。

・その後呼吸を吸いながら、お腹の溝落ちを天井に引っ張られるようにして上げます。

・この溝落ちを引き上げられた状態のままゆっくりと呼吸を吐くのですが、背中の位置は変えずに吐きます。

また呼吸を吐くときは肋骨をしめているようにしてはいてください。

・呼吸をゆっくり吐いたら、呼吸を吸うのですが背中の高さをさらに上に上げるようなイメージで呼吸を吸います。

この際は腕と脚はできるだけ頑張らないでください。

 

これを繰り返しやっていきます。

丁寧にやるとかなりきつくなってきます!

 

 


まとめ

 

いかがでしたでしょうか?
ベリーリフトならご自宅でも簡単にできると思いますので、ぜひ試してみてください😇

頑張ってリブフレアを改善していきましょう!

本日も最後までお読みいただきありがとうございます🙇‍♂️

 

 


【南青山・外苑前・表参道】

ダイエット、ボディメイク、姿勢改善、体力向上、エステどんなお悩みもご相談ください。

スタッフ一同心よりお待ちしております^^

体験レッスンはこちらから

【店舗一覧】
神楽坂 パーソナルジム 南青山 パーソナルジム

神楽坂店     南青山店

お問い合わせはこちら

 


体験レッスンはこちらから

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

最新記事