BLOG

基礎代謝とは?基礎代謝の解説と上げ方@南青山 外苑前 表参道

皆さんこんにちは!☺️

パーソナルジム QUALITAS 南青山店 の櫻井です!

今日の記事は「基礎代謝」について!

一度は基礎代謝という言葉は聞いたことがあると思います!
頑張ってダイエットを続けているのに「なかなか体重が落ちない」と悩んでる方いませんか?

痩せられないのは、実は「基礎代謝」が関係している可能性があります。

そしてダ基礎代謝はダイエットの重要な鍵を握るものとなっています。

一体、基礎代謝とは何なのか詳しく解説して行きたいと思います。


基礎代謝とは?

そもそも代謝とは何か。。。
人間は生きるために食べ物から栄養を取り込み、それを消化・吸収・排泄しています。

こうした活動により分解された栄養素は、やがて身体を動かすための「エネルギー源」となります。

このように人間が生命を維持するため行われる一連の流れ、反応を「代謝」といいます。

「基礎代謝」とは。。。

人間が生命活動を行うために最低限必要なエネルギーのこと!

人間は静止して何もしていない状態でも、心臓を動かしたり呼吸を繰り返したり、
身体の内側ではさまざまなエネルギーが使われています。

つまり何もせずにじっとしていたり、寝ていたりする時でも基礎代謝は行われているってことです。

基礎代謝が高いとどうなるのだろうか。

基礎代謝が高いと、そのぶん1日に消費するエネルギーの量も増えるんです。

つまり「何もしなくても消費できるカロリーが多くなる」ということです。

基礎代謝が高いと多くのカロリーが消費され、太りにくい体になるということ

 

 


基礎代謝量の平均値は?

人間の身体にとって重要な役割を果たすのが基礎代謝。

この基礎代謝量には個人差があります。
さらに性別や年齢ごとにおおまかな目安が厚生労働省のデータにより発表されています!

男性の基礎代謝量

1~2歳「700kcal」3~5歳「900kcal」6~7歳「980kcal」8~9歳「1140kcal」10~11歳「1330kcal」12~14歳「1520kcal」
15~17歳「1610kcal」18~29歳「1500kcal」30~49歳「1530kcal」50~69歳「1400kcal」70歳〜「1290kcal」

女性の基礎代謝量

1~2歳「660kcal」3~5歳「840kcal」6~7歳「920kcal」8~9歳「1050kcal」10~11歳「1260kcal」12~14歳「1410kcal」
15~17歳「1310kcal」18~29歳「1110kcal」30~49歳「1150kcal」50~69歳「1100kcal」70歳〜「1020kcal」

 

 


基礎代謝は何故下がるのか?

基礎代謝は様々な要因によって、下がることがあります。

なぜ基礎代謝は下がるのでしょうか。

基礎代謝の低下を招くとされる大きな原因の一つが、「加齢」。

人は加齢によって筋肉量が低下し、肥満者が増えやすくなります。

そしてもう一つが筋肉量の低下

理想の体にに近付きたいと思い、ダイエットに励む人が多くいます。

なかには、過度な食事制限によるダイエットを行っている人もいますよね

ですが無理なダイエットは体重だけでなく筋肉量まで落としている可能性が。

身体は取り込むカロリーが不足すると、その代わりとして筋肉を分解します。

その結果、筋肉が分解され基礎代謝が落ちてしまうリスクがあります。
筋肉量を落とさないために定期的な筋トレは必ず必要かもしれません。

 

 


基礎代謝を上げる方法とは?

痩せやすい身体を目指すためには、基礎代謝を上げることが重要ということは何となくわかりましたか?

ですがどのようにして基礎代謝を上げればいいのかわからないですよね。

日常生活のなかでいくつかのポイントを意識することによって、基礎代謝を徐々に高めることが可能です。

運動による筋肉量の増加

基礎代謝を上げるために、欠かせないのが「筋肉量を増やす」ことです。

基礎代謝を上げたりその状態を維持したりするためには、筋肉量を増加させる必要があります。

筋肉量を増やすために、効果的な方法それは!

「筋トレ」

運動のなかでも「筋トレ」は誰でも気軽に始めやすい、ハードルの低さが魅力です。

筋トレにはさまざまなメニューがあるため、自分に合うものを選びましょう。

まずおすすめなのがスクワットです。

お尻や太ももといった下半身の大きな筋肉を鍛えることができます。

これらの筋肉をスクワットで鍛えることで、基礎代謝アップが期待できます!

 

次におすすめなのが身体を温めること!

一般的に、体温が低いと基礎代謝が下がるといわれています。

たとえば冷房の効いた場所は、注意!

職場やお店などのクーラーが効いた場所は、長時間滞在すると身体が冷えてしまう原因になります。

また冷たい飲み物のとり過ぎも、体温を下げる原因です。

特に夏は暑いからといって氷のたっぷりと入った水やジュースを選びがちですが、温かい緑茶やホットティーを選ぶと良いですね。

温かい飲み物は内臓を温め、代謝の向上をサポートしてくれます!🔥


5. まとめ

基礎代謝は加齢や不規則な生活など、さまざまな要因によって低下します。

基礎代謝を高めるためにも、日頃から「定期的な運動」や「生活習慣の見直し」が特に重要。

紹介したポイントを生活に取り入れることで、無理なく基礎代謝アップを目指しましょう!

まずはQUALITASに相談してみては?


【南青山・外苑前・表参道】

ダイエット、ボディメイク、姿勢改善、体力向上、エステどんなお悩みもご相談ください。

スタッフ一同心よりお待ちしております^^

体験レッスンはこちらから

【店舗一覧】
神楽坂 パーソナルジム 南青山 パーソナルジム

神楽坂店     南青山店

お問い合わせはこちら


体験レッスンはこちらから

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

最新記事

アーカイブ