BLOG

日焼け止めを知ろう!

足のリンパマッサージをする女性

みなさんこんにちは!

南青山 表参道 外苑前のパーソナルジムQUALITAS トレーナー佐藤です😊

夏も終わりに近づき過ごしやすい気温になってきましたね。

そんな時、油断しがちな日焼け!

夏だから日焼けするというわけではなく紫外線は年中出ています。

ということで今回は、そんな日焼けを防止してくれる【 日焼け止め 】についてお話しをします!

①日焼け止めの構成

 

紫外線」今年は早い時期から要注意!ー髪のお悩みやケア方法の解決ならコラム|EPARKビューティー(イーパークビューティー)

日焼け止めとは、油性成分が多めの乳液に紫外線防御剤を配合したものというイメージです。

そのため、油中水型のものがほとんどです。

日焼け止めに油中水型が多い理由としては、汗や水を弾いてしっかりと紫外線を防ぐ為だとされています。💧

配合率としては、油性成分の割合が多いですが日焼け止めを塗った時、サラッとした肌触りになるのは

シリコーンが使われているためです。

 

②紫外線防止剤の種類

紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の違いについて(友利新先生) - ラ ロッシュ ポゼ

日焼け止めに配合されている紫外線防止剤は
大きく分けると【 紫外線吸収剤 】と【 紫外線散乱剤 】の2種類があります。

【 紫外線吸収剤 】は、紫外線のエネルギーを吸収して
熱に変換することで肌を守ります。
元々透明なので、塗っても白浮きしないのが特徴です!

しかし、その反面かぶれや皮膚アレルギーを起こす場合があります。

【 紫外線散乱剤 】は紫外線を物理的に反射することで肌を守ります。
以前までは、白浮きしやすいと言われていましたが、現在はナノレベルまで小さくした粉体が登場したため

白くなりにくい製品がほとんどになっています!

吸収剤に比べて、アレルギーを起こすことはほとんどありません。

子ども用や肌が敏感な人向けの日焼け止めには、散乱剤のみを含んでいるものが多く

【 吸収剤不使用 】や【 紫外線吸収剤無配合 】などとパッケージに書いてあることが多いようです。

 

③日焼け止めを塗るタイミングとアフターケア

日焼け止めは、肌に馴染む時間も考慮して外に出る15分前に塗り終えておくことが大切です。

塗り方はしっかりと厚めに塗りましょう。

さらに、日焼け止めの効果が持続するのは2時間程度なので紫外線をかなり浴びる状況では2時間おきに塗り直すことが大切です。

最後に皮膚のためには、日光に当たった後日焼け止めを速やかに落とすことも重要です。

洗顔料や専用のオフ剤などを使ってきちんと落とし

そのあとはしっかり保湿を行いましょう。

 


【まとめ】

肌老化の80%が紫外線と言われています!

未来の自分の肌を守るためにも日焼け止めは必須アイテムです!

大量の紫外線を浴びるとその影響は、何十年もたってから現れてきます。

紫外線による健康被害を防ぐため日焼け止めをぬりましょう!

【南青山・外苑前・表参道】

ダイエット、ボディメイク、姿勢改善、体力向上、エステどんなお悩みもご相談ください。

スタッフ一同心よりお待ちしております^^

体験レッスンはこちらから

【店舗一覧】
神楽坂 パーソナルジム 南青山 パーソナルジム

神楽坂店     南青山店

お問い合わせはこちら


体験レッスンはこちらから

お問い合わせはこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

最新記事