BLOG

沢山あります基礎代謝のあげかた🔥@外苑前/表参道

皆さんこんにちは!

QUALITAS南青山店パーソナルトレーナーの師田です。

冬はなんとなく動く気力が出なかったり、寒くて外に出るのも嫌だなあ…なんて思ってしまいますよね😅

夏に比べ動く量が減っている方が多いのではないでしょうか。

また、何かと冬はイベントが多く太ってしまった!なんて方もいるかもしれませんね。

「ダイエットをしているけどなかなか痩せない」「若い頃はすぐに体重が落ちたのに」と思っているそこのあなた!

”代謝”が落ちている可能性大です!!!

代謝は20歳を境に落ちていきます😭

本日は代謝をアップし、少しでも皆さんのダイエットライフにサポートできるようなお話ができればと思います!


⑴代謝とは?

そもそも基礎的な代謝のお話からしていきます。

私たちの体内では、「活動代謝」「食事誘発性熱産生」「基礎代謝」という、3種類の代謝が行われています。

◎活動代謝

歩いたり、運動したりと体を動かすことで消費される代謝です。

◎食事誘発性熱産生

食事をした後の食べた物の消化に使われる代謝です。

◎基礎代謝

最も多くのエネルギーを使う代謝で、呼吸をしたり心臓を動かしたりするためにも必要です。

座っているときや睡眠中にも行われるため、効率的にエネルギーを消費するためには、この基礎代謝を上げることが理想とされています!

⑵基礎代謝をあげるには?

◎起床時にコップ1杯の水を飲む

就寝中にも、私たちの体からはコップ一杯分の水分が失われているといわれています。

起床時にコップ1杯の水を飲むことは、水分補給となるだけでなく血行を良くする作用や基礎代謝アップの効果が期待できます。

朝は一日のなかで体温が低い時間帯でもあり、お湯(白湯)の補給もとても効果的です。

胃腸を温めることで代謝を促し、体の燃焼効率が良くなることが期待できます✨

◎筋肉量を増やす

基礎代謝を高めるためには、軽めの運動や筋トレを通して少しでも筋肉を鍛えることが重要です!

基礎代謝を上げるための早道は筋肉をつけること、そして筋肉を動かし続けることが重要です。

もともと筋肉量が少ない人は、まずは筋トレを始めてみましょう。

負荷の大きな運動をするのが不安という人は、ウォーキングのような長時間続けられる有酸素運動が効果的です。

心臓や肺も無理なく動かすことができ、全身の血流が上がることで代謝量の増加が見込めるでしょう。

だんだんと体を動かすことに慣れてきたら、有酸素運動に筋トレを組み合わせるとさらに効果が期待できます。

◎食べ物からも体温を上げる

体温が1度上昇すると、代謝量は13%上昇するといわれています。

食べ物から体を温めることも、効果が期待できます。

体を温める食材として、熱をしっかり取り込むことができる根菜類を取り入れましょう。

なかでも、基礎代謝を上げる作用がある「生姜」がおすすめです。

生姜に含まれる辛味の成分、ジンゲロールは抗酸化物質のひとつで、体を温める効果はもちろん、血行促進・脂肪燃焼を活発にする働きから基礎代謝を上げる作用も期待できます。

 

基礎代謝量といってもどうしたら上がるのか、また加齢によって衰えるのは仕方がないとあきらめていた方も多いのではないでしょうか?

基礎代謝量を維持する、増加させると体の機能改善にもつながります。

日常の様々な動きに気をつけたり、食事からも熱産生を促したりすることができますので、ぜひ今日から取り入れてみてくださいね!

基礎代謝をアップさせてダイエットに繋げましょう🔥

 

【青山・表参道】
東京メトロ銀座線「青山一丁目駅」「外苑前駅」「表参道駅」から通える、
パーソナルジムQUALITAS南青山店は、

「人生が変わる90分」をCONCEPTに、

「パーソナルトレーニング」 「痩身エステ(ハイパーナイフ)」 「食事指導」

を組み合わせた、 まったく新しいスタイルのパーソナルジムです。

トレーニングと痩身エステ(ハイパーナイフ)、食事指導を組み合わせることによって、

運動や生活での脂肪燃焼効果を最大限高め、業界初の部分痩せを実現することで、より多くのお客様のお悩みを解決します。

ダイエット、ボディメイク、姿勢改善、体力向上、エステどんなお悩みもご相談ください。

スタッフ一同心よりお待ちしております^^

体験レッスン申し込みはこちらから↓

体験レッスンの概要を知りたい方はこちらのブログをチェック↓
http://minamiaoyama.qualitas-conditioning.com/blog/2020/11/17/qualitasの体験レッスン

南青山店HP 
神楽坂店HP 
メインHP 


体験レッスンはこちらから

お問い合わせはこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

最新記事

アーカイブ